どうしても太陽光発電というと一戸建てというイメージが強いでしょう。
確かに、マンションなどの集合住宅となると、自由に太陽光発電を導入することが難しいのかもしれません。
まったくマンションでの太陽光発電の導入がされていないというわけでもないようです。
マンションであっても、太陽光発電を導入しているところはあります。
では、どういう状況なのでしょうか。
マンションの屋上にソーラーパネルを設置して、発電しているわけですが、その電気はどうしていると思いますか。
たいていは、共用部分に使われているようです。
廊下などの照明やエレベーターなどに使われるということになるでしょう。
余った電気は電力会社に売電して、その分家賃が低く抑えられるということもあるようです。
こうやって見てみると、いいことばかりなんだから、マンションの屋上にもどんどんソーラーパネルを設置すべきだって考えたでしょう。
しかし、思うようにマンション屋上での太陽光発電は進んでいないんです。
というのも、住民の同意を4分の3以上得られないといけないということがあるからでしょう。
マンションに住んでいる人の多くが賛同するかどうかはわかりません。
それに、実際にマンションにソーラーパネルを設置するとして、その費用はどうなるのかという心配もあるでしょう。
マンション建設当初から設置しておけばいいのかもしれませんが、すでに建てられているマンションでは難しいことが多いのかもしれません。
一戸建てのように自由に太陽光発電を導入するのは難しいかもしれませんが、個人的に導入することならできるでしょう。
小規模ではありますが、自作してみたり、小さめのソーラーパネルをベランダに設置するということはできるはずです。
マンション全体がだめだとしても、自作をしてみたり、ベランダに設置できるタイプのソーラーパネルを購入すれば、太陽光発電をマンションに設置することは難しくはないでしょう。